紅の豚

1992年の作品。宮崎駿さんの第6作目です。

世界大恐慌時のイタリア・アドリア海を舞台に、
飛行艇を乗り回す、海賊ではなく(飛行艇なので「空賊」の物語。

第一次世界大戦後の動乱の時代に生きた、
夢を追い求める男達の生き様を描いています。


宮崎駿さんは、生家が航空機産業に関係したとのことで、
幼い頃から空を飛ぶことにあこがれていたそうです。
この作品は、宮崎駿さんの「自分の夢」として描かれた、珍しい作品。

ハードボイルド的な男臭さ、三角関係の描写など、
環境保全や反戦などを主題とした作品を作り続けた、
宮崎駿作品の中では異色の存在ですが、
「男の世界」がたっぷりと描かれており、
女性から見ても、
主人公「ポルコ・ロッソ」の生き方には魅力を感じます。


見た目ではなく、本質が大事。


主人公「ポルコ・ロッソ」を通じて訴えているのは、
そういうことなのではないでしょうか?


*****関連商品紹介*****

特別セット スタジオジブリ DVD 10タイトルセット


●紅の豚 DVD(2002/3/29)

posted by てと at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紅の豚

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。