ルパン三世 カリオストロの城

宮崎駿さんの長編アニメ映画第1弾だった、ルパン三世シリーズの「カリオストロの城」

1979年に公開された作品で、漫画家モンキー・パンチ原作の「ルパン三世」劇場映画第二作として公開され、宮崎駿さんが初めて監督を務めた劇場映画でもあります。

盗んだお金が偽札であったことから物語が始まるこの作品。

その偽札の秘密を暴くべく、ヨーロッパにある独立国家カリオストロ公国に乗り込んで行きます。

途中、純白のウェディングドレスを身につけ車に乗った少女が悪漢に追われているところに通りかかり、見事悪漢を撃退。

この少女こそが、カリオストロ公国大公家の継承者、クラリス・ド・カリオストロ(クラリス姫)!

カリオストロ公国の実質的な統治者となっている伯爵は、クラリスを妻として迎えることで公国を名実共に手に入れ、公国の独裁を狙っていた。

ルパンたちは彼女を救出するため、ルパンファミリーが全員集合。

カリオストロ城を舞台に、クラリス姫の救出と偽札の謎をめぐって大混戦が展開される…


実は私。この作品だけは、公開当時に見ていないのです。

後から拝見したのですが、宮崎駿さんの特徴を見出すにはあまりにも子供だったので、
ただただルパンシリーズとして、ドキドキハラハラの楽しい作品だったという印象しかありませんでした。(宮崎駿さん、ごめんなさい!)

でも、これが原点だったのだなぁ〜というのは、今であればちょっとわかります。

宮崎駿さんの描く、主人公の女性は、清らかさが主軸になっていて、クラリスもまさに清らかさの象徴のような少女でしたよね。

まだ見ていない方、少数派だとは思うのですが、是非ご覧になってください。

子供が楽しめるのはもちろんのことですが、忘れていた「清楚な気持ち」を思い出せますよ!


*****関連商品紹介*****
ルパン・ザ・ボックス - TV & the Movie-【0726突破10】


【バップ】ルパン三世DVD DVD LUPIN THE BOX -TV & the Movie (初回限定生産) (お取り寄...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49606720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。